今年も4月1日〜15日は桜吹雪舞う城下町、西の小京都・津山へ。

 例年10万人を超える花見客でにぎわう「津山さくらまつり」。「日本さくらの名所100選」に選ばれた津山城(鶴山公園)は、岡山県内屈指の桜の名所。見る者を圧倒する約5000本の桜に加え、期間中は特設ステージも設けて多彩なイベントを展開する。

 期間中の週末には、迫力ある岡山城鉄砲隊の実演や手踊り、太鼓などの公演が行われる。午後10時まで雄大な石垣にぼんぼりによるライトアップが行われ「日本100名城」に選ばれた津山城の幻想的な趣ある夜桜が楽しめる。このほかにも週末を中心に太鼓や踊り、作州地方の特産品が当たる富くじなどもあり、周辺の商店街、城東町並み保存地区も合わせて多彩な催しが繰り広げられる。

 また衆楽園(山北)では茶席で抹茶を楽しみながら、ゆったりと桜を鑑賞でき、琴の演奏や曲水を使った俳句会も行われる。


















<鉄砲隊実演>




<衆楽園>




 あいにくの雨模様でも武家町・田町にある城西浪漫館(国登録有形文化財)の屋内からピンク色に染まった津山城を眺め併設のカフェでくつろぐことができる。

津山城トップへ在りし日の津山城


だんじり保存会館トップ

 

Copyright Tsuyama Danjiri Preservation Hall. All rights reserved.