町 名 :東 松 原
時 期 :明治九年の作
工 匠 :平間美能介高山近之介
若連中:松栄会


保管庫index
(西

東松原
 東新町に続く町並みではあるが、江戸時代は城下に編入されなかった。出雲街道の両側に松並木があったことから二宮の西松原に対して東松原と呼ばれた。江戸時代の終わりに商業が発達した「町端在分」と称される地域である。
 ちなみに北の松並木は美作高校の前を東西に走る道路を境にして南を御北と呼び藩士邸を置き、その北側の山北村と城下を松並木で区別していた。

<コメント>
欄間に猿がいます。
※東松原のだんじりに関する町内の風習、逸話等の情報をお寄せください>>こちらから
人気投票にこのだんじりを投票する(チェックを入れて回答するを押す)→ 
現在の集計結果を見る

│ 大隅神社TOP │

400年の歴史だんじり順列Flashムービー

 

Copyright Tsuyama Danjiri Preservation Hall. All rights reserved.