オンラインカジノライセンスについて

オンラインカジノのライセンスとは、その国々における緩い審査から厳しい審査までのその基準を突破した運営者のみが運営を認められる証です。ライセンスがない状態で運営を始めると、最悪逮捕されるケースがあります。オンラインカジノを遊ぶにあたってプレイヤーはライセンスを取得しているカジノを選ぶのが一般的と言えます。しかしライセンスを取得しているからといって安易に入会してしまうと、稼いだお金が出金できなくなるなどのトラブルを抱えてしまうリスクがあります。

審査が緩いカジノだったりすると、運営者にとって抜け穴が多いので不正をしやすくなります。なのでプレイヤー側は自力で調べて審査が厳しいと評判のオンラインカジノを選択するべきなのです。審査が厳しいと評価されている国はマルタ共和国やジブラルタルが有名です。

オンラインカジノの仕組みはプレイヤーと運営者だけの関係で成り立っている訳ではなく、他にもその国の政府や不正をしていないかを監査する機関、プレイヤーが入金や出金をするための決済を行う機関と運営者が委託するゲームソフトウェア会社があります。

https://casino-club.jp 情報元

まずプレイヤーはオンラインカジノを遊ぶ消費者です。運営者はカジノを運営している企業であり、プレイヤーに様々なサービスを提供する側となっています。決済するための機関とはすなわち取引所などの口座にあたります。そこでプレイヤーは運営者からお金を受け取ったりします。

ソフトウェア会社は運営者と契約した、ゲームを提供する役割を持ちます。運営者とゲーム提供者は別なので運営者が意図的に不正なことをすることが出来ない仕組みになっています。

国の政府や賭博協会などの監査機関は先ほども述べたように運営者が公正な運営をしているかどうかを監視する役割があります。運営者のライセンス取得、剥奪も政府がその国の規制法によって決断することが出来ます。

海外でライセンスを発行する国はイギリスやカリブ海にあるキュラソーなどがあります。ヨーロッパにはギャンブル委員会という機関があり、オンラインカジノをプレイヤーが楽しむために信頼性の厚い環境整備と規制をする役割があります。