日本国、政府ギャンブル法律環境

日本国においてのギャンブルに関する法律環境は、何かの勝負ごとにお金を賭けて行う行為は少額だろうが高額だろうが違法となります。しかし「一時の娯楽に供する物についてはこの限りではない(刑法第185条より引用)」という条文が賭博罪の刑法によって明文化されています。

賭博を行うための場所が作られていた場合、その運営者に賭博場開張等図利罪が適用されます。この罪は「賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は懲役三か月から5年( 刑法第186条第2項より引用)」と記載されています。そして賭博場で遊んだ客に対しても賭博罪に問われます。

お金を賭けると賭博罪に引っかかるというのは周知の事実ですが、お金以外でも自身の財産になりうる物を賭けると違法になる可能性があります。お金以外の例えば車や家具などの財産に分類される物を賭けると違法となり、罰金刑になることがあります。

小さいことから大きなことまで賭博罪になるケースは多いですが、その全てを監視して捕まえることは現実的に難しいと言えます。常習的に行っているケースについては、より逮捕される可能性が高いと言えるでしょう。

日本国が認めている賭け事として競馬や競艇などがあります。国営として運用しているだけあってテレビのコマーシャルや新聞でも頻繁に掲載されていることからもグレーゾーンにも当てはまらないということが分かります。宝くじやパチンコ・パチスロでも公的に運営されています。法的には違法となる国営ギャンブルですが、これらは特別法によって違法とならずに認められているのです。

オンラインカジノについて日本では運営が出来ないので賭博協会やギャンブル委員会などが付与するライセンスがまだありません。しかし近いうちにリアルカジノが日本で体験できるので、将来的に都市部を中心にカジノ建設が加速化するかもしれません。政府ギャンブル法律環境もIRが建設されることをきっかけに更に整備されるはずですし、公営ギャンブルとしてパチンコ・パチスロのような存在になることが予想されます。