協会がライセンスを取得する為の条件

オンラインカジノがライセンスを取得するためには条件があります。これはどこの国でも同じですが、それぞれのハードルは異なります。順に説明していくと、オンラインカジノの運営者は運営するにあたり、十分な資産をもっていなくてはなりません。資金がなくては運営の幅も広がらないので一定の基準となる金額を持っている必要があります。

法令順守に則り運営スタッフ全員に対し、徹底した指導を行えるのかも審査の対象となります。またその法令に従って監査を受けたソフトウェアと呼ばれるゲームを提供する機関に委託し、正常なギャンブルをプレイヤーたちに与えられているかどうかも重要な要素です。後はマネーロンダリングや犯罪組織との関わりが皆無であるかどうかも健全なプレイを楽しんでもらう上で絶対に必要なことです。

ライセンスはその国の政府や協会から発行されます。ヨーロッパに活動拠点がある賭博協会やギャンブル委員会は、政府とも協力して不正なカジノ運営を行っていないか随時監視しています。定期的な会議やスポーツ賭博に関してもスポーツセキュリティ協会と連携して違法運営を取り締まっています。

このライセンスを取得したからと言って運営者は安心できません。ライセンスには有効期限があり、これが切れる前に更新手続きをしなくてはなりません。そのためにはまた同じ審査を受けなければならないのです。有効期限中でも定期的に監査が行われるので運営者は徹底した運営管理をしなければなりません。

プレイヤー、つまり顧客に対する苦情や問い合わせに真摯に対応できているかどうかも審査の対象となっています。ルール範囲内でのプレイヤーの求める行為に対して運営スタッフが無視をするなどの対応不十分なやり方では顧客は確保できず信頼を得ることができません。経営悪化にもなりますし、賭博協会や政府からの審査に合格できなくなります。

ライセンスを取得するには色んな条件がありますが、運営者もプレイヤーも安心安全な環境を維持するためには双方の信頼が不可欠なので、そういった意味ではライセンスの取得は信頼の証と言えるでしょう。